白隠禅師坐禅和讃

白隠禅師坐禅和讃

漢文表記であった坐禅の本質・目的を日本語で解説したもので、民衆にも分かりやすく説­いたものである。白隠慧鶴(はくいん えかく)が著した。

臨済宗、とくに妙心寺派では、檀信徒向けの『聖典』には必ず掲載されており、仏事のと­きに良く詠まれ、僧侶と参列者が一緒に唱えることもある。

感謝の言葉

動画公開提供していただき深く御礼申し上げます。

コメントは受け付けていません。